<   2008年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

責める

自分を責めてしまう時 
私はかおるちゃんが言ってくれた言葉を思い出します


本当にこれでいいんだろうか
私はなんてひどい人間なんだろうと あの頃打ち明けました
うんうんと聞きながら 続けてかおるちゃんは言いました


あのね ともちゃんが悪いわけではないんだよ
でも そうやって
自分を責めてしまうのは 自分が可愛いからなんだと思う

でも ともちゃんは本当に悪いなあと思っているでしょう?

そういう時は悪いのは自分だと責めるんじゃなくて
じっと心の中に置いておけばいいんだよ
それでいいんだよ わかっているんだから十分なんだよ

そう言ってくれました
耳当たりのいいアドバイスしか聞くことがなかった私には新鮮でした
何回思い出してもいつも背筋が伸びます
ついつい自分を甘やかしてしまうくせがあるので特に思い出します

うだうだ言ってるほうが楽なんです 
きっと 反省を人に言うことでそんなことないよって言ってほしいんです
楽になりたいだけなんです 
それよりか心にじっと置いておくほうがつらいです

つらいけれどそれがそのことに正面から向き合うということなんだと思っています


向き合い 
受け止め
人は進むしかないんだと思います

進めないときはあるけれど
その時はせめて足踏みでもいいんだと思います



何が言いたいのかわからなくなったけど
今の私にはかおるちゃんの言葉がまたしみわたるのです
[PR]

by tomomixphoto | 2008-06-03 08:10

ちびっこともみっくす

「やーい弱虫泣き虫だんご虫」

とからかわれていたのを思い出した

変わらずそのようなものだわ

なかなかヒーローみたいに強くはなれないわ
[PR]

by tomomixphoto | 2008-06-01 08:16

変化

小さな子供が去年の夏服を着れなくなるように

大人も年を重ねていけば
変えなきゃいけないことがたくさんある

時にやむを得ない決断をしたりする

変化を怖がってばかりもいられない

変化は成長している証
[PR]

by tomomixphoto | 2008-06-01 08:00

故郷

私は大阪で生まれて鳥取で育った

私を育てるには母親の実家の近くがいいだろうと鳥取に暮らしてくれた

でも
父にとってのふるさとは鹿児島で それは一生変わることなく。

私が通勤中母校の前を通るとたまに懐かしさでいっぱいになるように
遠い分 行けない分
その思いは計り知れないんだろう

母もそんな父の思いを知ってるんだろう
母は長年自分のふるさとに暮らしてくれたことに対して 感謝していた
今度は逆に父をふるさとに暮らさせてあげようとしていて
私にはそれが手に取るようにわかる
とてもわかる


なんだかやりきれないなあ
それぞれのふるさとの風がどこにいてもあたるといいのに
[PR]

by tomomixphoto | 2008-06-01 01:48